弓道女子の胸当ては、「かわいい&痛くない」が当たり前♪

女子学生の弓道家さんに多い、悩みの一つの胸当て。

弦月は、弓道女子のためにオリジナル胸当てをつくりました。




胸当て革命 其の一、

モノクロの弓道女子が華となる、品のある伝統色と桜柄が特徴です。

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

無地もございますので、現在、全8色11種ございます。
是非、ご自身に似合う、美しい伝統色をお選びくださいませ。



胸当て革命 其の二、

弦月の胸当ては、かわいいだけでなく、機能性も抜群です!


長年にわたり弓道を続けている女性スタッフが、3年かけて考案した必須アイテムです。

胸当てがずれる、胸当てが引っかかる、
胸当てをしていても胸が痛くなる方は、是非お使いになってみてください♪

→ 機能性についてのご案内はこちら


・・・


戦乱の世にありながら、しなやかに鎧を着こなす、美しき女性武士のごとく
“現世で弓をひく 女性射手を護る 鎧となってほしい”という想いから、
『姫鎧(ひめよろい)』という、ブランド名をつけました。


弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

弦月の胸当ては、弓道を愛する女性にこそ、身に着けていただきたい逸品です。

・・・



古来より続く、伝統色と桜柄。 月色の紐。
そして、上質な付け心地。
弦月でしか手に入らない、こだわりの弓道用胸当てです。

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

弦月限定販売の、弓道用胸当て「姫鎧(ひめよろい)」は、

一個あたり 3,980円(税抜・送料別)で、ご提供いたしております。

 ご注文は、各お色のパネル下部から、お申込みいただけます


 計8色11種ございます。
好きなお色をクリックしてくださいませ↓






是非、自分に似合う、とっておきの色を見つけてください。

↓↓


一色目は、学生さんの弓道女子に人気の定番色!
弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。


「弦月限定 胸当て 姫鎧 浅縹 あさはなだ」   

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。



二色目は、かわいい弓道女子に人気の乙女色!



「弦月限定 胸当て 姫鎧 鴇 とき」

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。




三色目は、弓道をたしなむ、正統派にこちらの色!


弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

「弦月限定 胸当て 姫鎧 若緑 わかみどり」

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。





四色目は、大人の女性弓道家に人気のこちらの色!



「弦月限定 胸当て 姫鎧 滅紫 けしむらさき」  ※残りわずか

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。




五色目は、お客様の多くのリクエストから生まれた、気品のある色!



「弦月限定 胸当て 姫鎧 藤 ふじ」

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。




六色目は、普段の稽古にも、着物にも!どんな服にも似合う紺色。



「弦月限定 胸当て 姫鎧 紺 こん」

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。




七色目は、使いやすい胸当ての定番色といったら、こちら!



「弦月限定 胸当て 姫鎧 月白/白桜 げっぱく しろ」  ※残りわずか

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。


同じ白でも・・・・、機能性はそのままで、白無地が登場!↓

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

「弦月限定 胸当て 姫鎧 月白/無地 げっぱく」 完売しました!

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。




八色目は、やっぱり武道にふさわしいのは、こちらの色!



「弦月限定 胸当て 姫鎧 黒/白桜 くろ/しろ」  ※残りわずか

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。


同じ黒でも・・・・ かすかな桜柄が可憐な、黒桜が登場!↓

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪着物の胸当てにも。

「弦月限定 胸当て 姫鎧 黒/黒桜 くろ/くろ」 完売しました!

 ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。


同じ黒でも・・・・ 機能性はそのままで、便利な黒無地が登場!↓

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪

「弦月限定 胸当て 姫鎧 黒/無地 くろ」  ※残りわずか


  ※ご購入の際は、下記【ご購入時のご注意事項】を、必ずご覧ください。
※印刷時のかすれにより、表面の一部にごく薄く白いラインが入っていますが、機能性は全く問題なく、
また見た目にも、上写真のように目立ちません。念のため、あらかじめご了承くださいませ♪




【ご購入時のご注意事項】

※ こちらの商品は、お届けまでは、ご入金から10日間程度かかります。
※ 弦月での、お買い物の手順は、こちらをご覧ください。
※ お支払方法・送料については、こちらをご覧ください。
※レターパック(360円)でのお届けをご希望の方は、必ずこちらをご覧ください。

※ 「姫鎧」は数量限定で製作しておりますため、同一色は今回限りの販売を予定しております。


・・
「かわいいから使ってみたいけど、色付き胸当てでも大丈夫かな?」と、ご心配な方は、
お友達とお揃いで注文したり、
先輩や顧問の先生にプレゼントしたり、と周りを巻き込んでしまえば、安心です!
しかも!まとめてご注文なら、お一人当たりの送料のご負担も安くなってお得です♪

※大会・審査でご利用される際は、地域や団体によっては、色付き胸当てが、
ご使用いただけない所もございますので、先輩や顧問の先生・コーチなどにご相談ください。



・・・

胸当て革命 其の二のご案内


これからの弓道女子にはスタンダードになると思われる、色付き胸当て「姫鎧」。
革命的なのは、デザインだけでなく、機能性も抜群です!



弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪

弦月の弓道用胸当て「姫鎧」は、フワフワの厚みのあるスポンジ状の素材。

運動用のサポーターや、ipadやPCの入れ物にも使用されている、特殊な素材なので、
丈夫で衝撃に強い特徴があります。

このフワフワ素材が、弓道の弦が胸に当たるときの衝撃を吸収してくれるので、
胸当てをしているときは、痛くないよう胸を守ることができます。

 

胸当ての裏面(上図)のポコポコした穴のようなものは、通気性をよくするための空気穴です。
これによって、冬は暖かく、夏も快適にご利用いただけます。


この特殊な素材によって、得た能力はこんなに!

 /  / 
( 弾力のあるクッションが胸をカバー♪/弓道の動きにもずれにくい!/やわらかで包み込むような付け心地 )

他にも、
耐久性・速乾性・軽量性・通気性・保温性(冬)清潔性(丸洗い可)
などなど・・・


弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪

これまでの胸当ては、△(さんかく)のようなかたち。
でも、弦月の新しい胸当て「姫鎧」は、□(しかく)のかたち。

大きさは、これまでと、ほぼ変わりませんが、
□のかたちが、胸を広く包み込むことできるようになり、密着性が高まりました。



さらに、女性のために弓具をつくる、弦月ならではの美シルエットで、
胸のラインを、美しくきれいに見せてくれます。
これぞ、女性用弓具の魅せるところ。


 
胸当てのつけ方は、背中のゴム紐を、下図のように配置するので、
従来の胸当てよりも、密着性が高く、細かい調整ができるようになりました。

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪

お好みや体型にあわせて調整できるので、付け心地も抜群です。
ゴム紐は、しっとりと伝統色に映える、きれいなやさしい月色です。

→ ゴムでなく、通常の紐に変えていただくこともできます♪ 詳細はこちら


これからは、「痛い胸当て」ではなく、「痛くない胸当て」に変えてみませんか?

※大きさは、フリーサイズですが、幅広い体型の方にご利用いただけます。
※背中のゴム紐で、ご購入後、ご自由にフィット感を調整できます。
※そのほか、「姫鎧」のご使用については、よくあるご質物もあわせてご覧くださいませ。




 

弦月の弓道用胸当て「姫鎧(ひめよろい」は、女性スタッフが吟味した、
東北ブランド(puchinyaさん)の宮城県石巻の工房で、
ベテランの女性職人さんに、一つ一つ、手作業でつくっていただいています。

普段は、お洒落な猫グッズを作っている工房ですが、
弦月のためだけに、特別に製作していただいているので、
品質&かわいさには、自信があります♪

弓道の胸当てなら、弦月の「姫鎧」!かわいい弓道女子の定番です♪

しかも、素材のウェットスーツ生地は、
サーフィンの本場・湘南からお取り寄せした、特注品です♪

【胸当ての詳細】
胸当て本体: 主にクロロプレンゴム
胸当ての紐: 月色のナイロンゴム(直径5mm) 
布紐をつけたい方はこちら
生産国: 石巻製 (日本製)




 ご購入時のご注意・お取り扱いのご注意
   

※屋外での天候や撮影時の設定、またお客様のご利用のPC・スマホ画面のディスプレイ表示により、
  商品画像と実物の色味に差がある場合がございます。

※従来の弓道用胸当てと同様に、折り曲げるとしわが残ります。ご使用上に問題はありませんが、
見た目の気になる方は、まるめてや平面での保管をお勧めさせていただきます。

※クロロプレンゴムは、ウェットスーツ素材のため、
水(ぬるま湯)などで、やさしく手洗いしていただければ、洗うことも可能です。

※かわいい桜模様は、胸当て一つひとつに判を押して浮き出しいるものなので、
桜柄に手作りの風合い(ちょっといびつだったり、点があったり)が見受けられます。ご了承ください。

※弓をひく際に、ずれにくい・胸に当たりにくい・引っかかりにくい・痛くなりにくいように製作してありますが、
ご利用になる射手の方の、ご体型や弓のひき方によっては、どうしても避けられない部分がございますので、
必ずしも、性能を実感いただけるわけではありませんことを、何卒ご了承願います。

※そのほか、「姫鎧」に関するご使用方法の詳細やご感想は、こちらもあわせてご覧くださいませ。


お客様へアンケートご協力のお願い

胸当て「姫鎧」は、現在、学生さん〜50代まで、多くの方にご利用いただいております!
次回は、リクエストにお応えして、「無地の白い胸当」を中心に制作中でございます♪
現在、ご用意しておりますので、販売まで今しばらくお待ちくださいませ。(2017/10/04)


今後も、がんばる弓道女子の皆様のために、是非リクエストに柔軟にお応えしていきたいと思っていますので、
「この色がほしい」「無地がほしい」等、生のご意見をお待ちしております♪

※実際にリクエストの多かった上位が「姫鎧」に仲間入りさせていただきました!






宜しければ、弦月のオリジナル弓道着もご覧くださいませ♪






◇弦月の胸当て「姫鎧」についてのご質問

【ご購入前のご質問】

Q1. 弦月の弓道用胸当て「姫鎧」の評判・口コミはどうなの?

女性用弓道具屋さんの「弦月」で販売している、弓道用胸当て「姫鎧」は、
多くの弓道女子・女性弓道家のお客様にご利用いただき、ご好評をいただいております。

一部の評判・口コミをご紹介いたしますと、
「友達とお揃いで使いたくて、プレゼントにしたら喜んでもらえました」
「手にしたとき想像以上に柔らかくて、体にフィットするし、驚くほどズレませんでした
「市販の胸当てだと一手引くたびにズレたり、弦に引っかかたりして困っていましたが、姫鎧なら三十射引いても大丈夫でした。」
「市販の弓道用胸当てよりも、見た目がかわいいので、着物を着た時につけたいと思っています。」
などなど・・・嬉しいお言葉の数々です。

twitterなどで検索していただければ(#姫鎧)、お客様のリアルタイムのご意見・ご感想も見られると思いますので、宜しければご覧下さいませ♪


Q2. 弦月の胸当て「姫鎧」はどう洗うの?取扱い方法は?

暑い夏場は、特に汗をかく弓道用胸当て。
弦月の胸当て「姫鎧」は、ウェットスーツ素材(しかも生地は、サーフィンの本場・湘南からお取り寄せ♪)なので、
なんとじゃぶじゃぶ手洗いできます。

なので、稽古終わりに優しく手洗いして、タオルなどで挟んで水気をやさしく拭き取ったら、
あとは陰干しするだけで、夏場なら翌日の稽古までには、おそらく乾いていると思います。
なぜなら、ウェットスーツ素材は速乾性だからです♪

詳細なお手入れ方法や取扱い方法は、ご購入時の付属品として、
『取扱いご案内シート』を同梱させていただきますので、安心してご利用いただけます。


Q3. 弦月の胸当て「姫鎧」は、大会や審査で使えないの?

弦月の胸当て「姫鎧」は、多くの方にご購入をいただいておりますが、
市販の胸当てほどには、まだ広まっていないのが現状です。

そのため、「色付きの胸当て」なんてダメじゃない?という考えも、人によってはあるかもしれません。
ただ、弓や矢、下掛けも年々、色柄物が増えて、デザインも楽しく、新しくなっています。

こうした弓道用品は、審査で利用できないかといったら、そんなことはなく、
“正式には決まりがない”というのが、現状かと思われます。

そのため、審査や大会でのご利用が心配な方は、弦月の「姫鎧」の他に、
念のため市販の胸当てをご購入されることをお勧め致します。

ですが、親善試合や部内やサークルでの射会、
また三十三間堂での成人式の弓道など、着物で弓道をする日の胸当てには、
「姫鎧」はピッタリです♪
 着物にあった胸当ての色で♪

ちなみに市販の胸当てを予備で買うには、確か600円前後と、お財布に厳しくない値段設定だったと思います。
なので、普段の稽古では、是非「姫鎧」を使用して、安心・かわいく弓道を楽しんでください♪

また、うっかり審査や大会のとき、忘れてしまったという場合には、
裏技として、「姫鎧」を裏返して使用する方法もあります。

なぜなら、「姫鎧」の裏側は、全面黒だからです(笑) 



ただし、性質上は裏表逆でも変わりはありませんが、付け心地に関しては裏表逆にして使ったことは
スタッフもないので、緊急時の一時的な対処法として、頭の片隅に置いておいてくださいませ。



【ご購入後のご質問】

Q1. 「姫鎧」のゴム紐を、紐に付け替えることはできますか?

一部の道場では、胸当ての紐をゴム紐でなく、通常の紐を推奨されているところも多いようです。

「姫鎧」の胸当ても、既存のゴム紐から、紐に付け替えることができますので、
下記の方法で付け替えていただき、安心してご利用いただければと思います。

 胸当ての紐のつけ方

(準備) まず紐を、2本用意します。 素材は綿がお勧めで、直径3mm〜5mmくらいが扱いやすいと思われます。
※あくまでお勧めとしてのご提案ですので、材質や太さはお好みでご利用ください。
※ちなみにレーヨンの紐は美しいですが、色落ちしやすく汗などで縮みやすいので要注意です。


長さは、上の穴につける紐:2.2m以上、下の穴につける紐:1.7m以上 でご用意されると扱いやすいです。
※ここではわかりやすくするために、上の紐をピンク、下の紐をで用意しております。
※色につきましては、道場の規定やお好みに従って、色をご用意くださいませ。
※長さは長めにご用意していただき、身体に取り付けた調整後にカットされると安心です。


(手順1) 紐のご用意ができたら、下記のように胸当てに紐を取り付けてください。自分から見て、身体の右側にくる方の穴だけに、紐を半分くらいまで通してください。
上の穴の紐が長い方2.2mです。
  表


(手順2) 下図(目線から見た図)を参考に、固定したい胸の位置になるよう、下の穴を通る紐から先に身体に固定していきます。お勧めの高さは、アンダーバストの位置ですが、お好みで調整してください。

このとき、上図のように、自分から見て胸当ての右下の穴の内側を通る紐を、背中に回して、身体に沿って左下の穴に内側から外へ通します。すると、きつさの調整がしやすく、胸当ての紐の穴も劣化しにくく安心です。


自分から見て胸当ての右下の穴の外側を通る紐を、先ほどと同様に背中に回して、身体に沿って、左側にもってきたら、左側の脇のした付近で、上図のように蝶結び等にして固定してください。


(手順3) 次に上の穴に通る紐を身体につけていきます。自分から見て胸当ての右上の穴の内側を通る紐を、右肩の上から左脇にもってきます。(ここでは、とりあえず右肩にでも紐をのせておいてください)
 
上左図を参考に、自分から見て胸当ての右上の穴の外側を通る紐を、今度は背中に回して、身体に沿って、左側にもってきて、胸当ての左上の穴に、内側からとおします。つまり、こんな感じ↓になります。

そうしましたら、ここで右肩にかけておいた紐を左脇の下にもってきて、下の穴と同じように左脇下で蝶結びなどで固定してくださいませ。



(終了) これにて完成です!
正面から見ると左図のような感じに。背面から見ると、右図のようになります。
 

※あくまで、弦月の女性スタッフが考えた、つけやすくずれにくいお勧めのつけ方ですので、ご使用される方の身体や動きにあわせて、お好みの方法でお試しくださいませ♪
※ご理解いただいているとは思いますが、弓道の胸当ては、紐の場合でもゴム紐と同様、何度も射をしたり、身体の動きにあわせて、徐々にずれてきますので、適宜、紐の位置を直してくださいませ。