こちらは、ワイルドたぬきです。


加藤清正拵え「同田貫正国 どうだぬきまさくに」



肥後の同田貫派の刀工によって打たれた刀、「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」。

虎退治でも有名な、初代熊本城城主・加藤清正も、この刀を愛した一人と言われています。


「同田貫正国」の名をもつ刀は一振に限りませんが、兜割りでも知られる有名な刀と知る人も多くいます。

同田貫正国の模造刀を販売中。同田貫の刀剣乱舞のコスプレや飾り用にも

まるい石目地の鍔には、渋い黄金の金具たちが光ります。

そして黒身の艶やかな鞘に、漆黒の下げ緒、そして白純の鮫肌に竜の目貫。絹の下げ緒。



どこか無骨でワイルドな風合いの、この刀。

見ようによっては、なんとなくたぬきのような愛嬌もございませんか?

でも、優秀な「正国写し」の刀身は、写真では確認しづらいほどに繊細なんです。

同田貫正国の模造刀を販売中。同田貫の刀剣乱舞のコスプレや飾り用にも

大きさは、全長約105p、そして重さは約1,240gと、手にするとずっしり重みを感じる仕上げとなっております。

飾り刀としても、撮影用としても十分な存在感です。


こちらの刀は、他店での取り扱いが少なく、しかも在庫確保が難しいなかで、

むしゃ処での販売価格は、12,400円(税込)です。(※今なら、入金後2週間以内にお届けできます)

 → 加藤清正拵え「同田貫正国 どうだぬきまさくに


当店では、女性スタッフが、主にご対応・秘密梱包(刀と分からないように)いたしておりますので、はじめての女性の方でも安心してご購入いただけます♪ 当店の評判は、twitterで「むしゃ処」と検索!お客様の生の声をご覧くださいませ♪


※あわせて、刀掛台・お手入れセット・刀袋なども販売しております。

お支払方法や送料につきましては、こちらをご確認ください。

※一つ一つ職人の手で製作されているので、色味など多少写真と異なる場合がございます。ご了承ください。

※手作業での製作上、鯉口の固さに、個体差がございます
ご希望の方は、ご注文の際に「かため」もしくは「ゆるめ」の、いずれかをお伝え願います。
(「少しゆるめ」等の曖昧な表現はご対応致しかねますので、「かため」か「ゆるめ」かのみお伝え下さい。)
尚、お届け後は、鯉口の固さの変更希望によるご交換は承りかねますので、あらかじめご了承ください。


※模造刀の所持には、免許は必要ありませんが、お取扱いにはくれぐれもご注意願います。

※当店(梓想庵)へご来店いただいても、販売商品はご覧いただけません。




そんな、「同田貫(どうだぬき)」という名の、不思議な由来をご存知でしょうか。

死体を田に横たえて試し斬りすれば、胴さえ貫けて、その切先が死体の下の田にまで届くという、その刀。


同田貫正国の模造刀を販売中。同田貫の刀剣乱舞のコスプレや飾り用にも

その鋭い切っ先と、無骨な姿が愛らしい名刀を、どうぞお手元にお迎えくださいませ。